リサーチマインド

①統計解析に関すること、②文章の書き方に関すること、③自分の考えに関することを主に書きます。

何から始めればいいのか

今日(6月4日)は、統計解析を学ぶに当たって、何から始めればいいのかについて書く。

 

私が統計解析の勉強を始めたのは約6年前になる。統計学に詳しい訳ではないが、ある程度の知識と方法論は分かっているつもりである。少なくとも、統計解析をかじったことがない人と比べるとかなり分かっている部類だと思う。しかし統計解析の専門家ではないので、真に理解できているとは言い難い。つまり、深い知識はないが、基本的な統計解析は実施できて、論文に記載してある内容もある程度は分かる、というレベルである。

 

統計解析の勉強を始めた頃は、全くと言っていいほど内容が理解できなかった。専門書には難しい単語や数式が並んでおり、頑張って読んでみても意味不明という感じであった。統計解析を学んでみようという人が、まずぶつかる壁は「難しい単語」「数式」にあると思う。とにかく難解なのである。読んでも分からない。しかし、自分なりの模索を続けるうちにあることに気が付いた。実は統計解析を学ぶときに「難しい単語」や「数式」はほとんど理解しなくてよいものなのである。

 

たしかに統計解析には独特の単語があり、多少は覚えるべきものがあるが、それはかなり少ない(今後、紹介しようと思う)。また数式に関しては、本当に一つも覚えなくとも統計解析の実施にはまるで問題がない。

 

では、何から始めればいいのかというと「統計解析の全体像」をつかむことである。つまり「どういう種類の統計解析があって、それをどんな時に使用するのか」を理解することである。これをつかんでしまえば、単語や数式が分かっていなくても、統計解析を実施するイメージが出来上がる。統計解析自体はパソコンがやってくれるのだから、私たちはそれを「手段」として選択すればよいだけなのである。

 

次回は「統計解析の全体像」をつかむことを詳しく説明していきたい。

 

なぜ統計解析を学ぶのか

今日(6月3日)はなぜ統計解析を学ぶのかについて書いてみる。

 

前提として、私の職業は理学療法士である。

 

理学療法士とは(日本理学療法士協会HPより引用)

ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。

 

統計解析を学ぶ理由は色々とあると思うが、あくまで個人的な理由を述べる。理学療法士は当然ながら患者を治療して改善を目指すわけであるが、治療の効果判定をどうやって行うのかということが問題となる。過去のリハビリテーション分野における効果判定は主観によるところが多かったように思う。「なんとなく患者が良くなりました」とか、「歩くのが上手になりました」とか、「おかげで無事に退院できました」といった具合である。しかし、それを続けていて果たして自分が成長し、そして世間にリハビリテーションの効果をきちんと示すことが出来るのだろうかと疑問に思う。

 

そこで、リハビリテーションの効果を客観的に判断するための武器となるのが統計解析である。統計学の詳しい知識までは知らずとも、統計解析を「手段」として実施することができれば、十分な武器になる。また統計解析の方法論を学ぶだけでも、臨床における思考が変わってくる。例えば「どの時期にどんな評価を行えば効果判定が出来るか」とか「この評価のバラツキはどの程度あるのか」などを考えるようになる。さらに言えば、実生活においても、人の話やテレビの情報を鵜呑みにすることも減るし、いかに自分が主観的な考えをしていたかに気が付く。

 

私は、統計解析を学ぶことで、理学療法士としての仕事に役立つだけでなく、思考にも影響を与えてくれると考えている。

 

 

初めてのブログ

今日(6月2日)からブログを始めてみる。

始めようと思った理由は3つある。

 

1つは Youtube堀江貴文氏の話を聞いたこと。「レールの上を走る時代は終わった。これからの時代は自分で情報を収集し、自分で考える力が必要。自分で考える力をつけるには情報発信をすること。ネットを使えば誰でも世界に向けて情報発信をすることができる。」 それまではブログを書くことにあまり興味はなかった(逆に見下すような気持ちもあった)が、自分で考える力をつけるためと思うと抵抗はなくなった。

 

2つ目は、ちょうど文章を書くことが上手くなりたいと思っていた時期であったこと。仕事で医学論文を書きたいと思っている。少し取り掛かってはいるが、文章を書くことに抵抗が強い。とにかく文章を書く機会を作って、読みやすく伝わりやすい文章が書けるようになりたい。学んだ内容を文章にすることで、頭の中がスッキリと整理される。

 

3つ目は、いつも創作活動に携わっていたいという思いがあること。創作活動は人に活気を与えてくれると考えている。創作活動に関わっていないと、とかく外部の出来事に囚われてしまって、内から出るエネルギーが減ってしまう感じがする。

 

とにかく、何かを発信して、自分自身が活き活きと生活したい。

 

ブログの内容は、①統計解析について、②文章の書き方について、③自分の考えについて、の3つとする。

 

まとまりのない文章になったが、細く長く続けたい。

あとでこの文章を見たら、恥ずかしくなると思う。